東京製菓学校 『学生祭』
『お菓子とパンに囲まれる幸せ』
学生たちがパン・菓子の魅力を発信

BACK

 

 

-

-

-

 学校法人/専門学校 東京製菓学校(梶山浩司学校長)は10月1日、『第9回学生祭』を開催した。
 同催は、学生たちがすべてのイベントを企画・運営するオープンイベントで今年で9回目を迎えた。
 同校学生の技を堪能できるデモンストレーションコーナーでは、学生たちがパン(編みパン・動物パン)・菓子(どら焼き応用・練切・モンブラン・バタークリーム仕上げ)作りを披露し、毎回満席状態となった。
 各クラスでは、上生菓子やパンの実演販売、タルトやモンブランなどの洋菓子づくりを自ら体験できるコーナー、さまざまなテイストを盛り込んだカフェ・喫茶コーナー、ゲームコーナー、スタンプラリー、写真撮影コーナーなどが提供され、終日行列が絶えなかった。
 また展示コーナーでは、伝統ある老舗から今話題の人気店まで関東近郊の和・洋菓子店、パン店の約20店舗が出店、店の紹介や商品などがディスプレーされた他、全国菓子大博覧会「お伊勢さん菓子博2017」で最高賞の名誉総裁賞を受賞した和菓子科・長谷川献教師の工芸菓子作品も特別展示された。
 盛りだくさんな内容で、和・洋菓子・パンのさまざまな魅力を発信。学生がこれまで学んだ知識と技術の成果を発揮する場となった。
 約2700人の来場者を迎え、成功裡に修了した。

新聞最新号へBACK

-

-