FSSC22000の認証取得

BACK

 MADEKA(郡昭夫社長)のマレーシア現地法人ADEKAFOODSA(ASIA)は10月23日、国際的な食品安全マネジメントシステムの規格である「FSSC22000」を認証取得した。
 同社は、これまでもハラル、コーシャの認証取得や国際的な食品の衛生管理手法であるHACCPの運用を通じて、食品の品質管理向上に向けた取り組みを推進してきたが、FSSC22000の導入により、さらに高いレベルでの食品安全管理体制を構築することが可能になった。
 ADEKAグループは、世界の顧客にこれまで以上の安心・安全で、美味しさを訴求した製品を提供し販売を拡大するとしている。
対象製品:マーガリン、ショートニング、ファットスプレッド、クッキングオイル等

新聞最新号へBACK