FIVBバレーボールネーションズリーグ2018日本ラウンドに協賛

BACK

 M日清製粉グループ本社(見目信樹社長)は、5月22〜24日(女子大会)、6月8〜10日(男子大会)に開催された世界規模の大会「FIVBバレーボールネーションズリーグ2018日本ラウンド」に協賛した。
 同大会は、昨年まで開催されていた「FIVBワールドリーグ」「FIVBワールドグランプリ」が統合し今年より新設された。男女とも16チームがチャンピオンの座をかけて対戦した。
 会場内のブースに全日本選手の等身大パネルと写真撮影できるフォトスポットを設置。また、ブースでは日清フーズMの「マ・マー早ゆでスパゲティ1.6mm結束タイプ」の無料サンプリングも実施した。本大会開催期間には元全日本選手らによる小学生向けバレーボール教室も開催した。

新聞最新号へBACK