第9回辻静雄食文化賞決定

BACK

 辻静雄食文化財団は、食分野の教育と研究に生涯を捧げた辻調グループ創設者・辻静雄の志を受け継ぎ2010年に創設された「辻静雄食文化賞」の受賞作品・受賞者を決定した。
 同賞は、我が国の食文化の幅広い領域に注目し、よりよい「食」を目指して目覚しい活躍をして新しい世界を築き上げた作品、もしくは個人・団体の活動を対象に選考し賞を贈るもの。また、特別部門として専門技術者賞を設け調理や製菓等の現場で活躍する技術者を顕彰している。なお、贈賞式は7月13日に東京・八芳園で開催する予定。受賞作品・受賞者は次のとおり。

《第9回辻静雄食文化賞》
「珈琲の世界史」旦部幸博著
◇受賞理由:商品作物としてのコーヒーノキの伝播と消費国におけるコーヒー飲用の歴史を世界的規模で通観した力作。

《第9回辻静雄食文化賞専門技術者賞》
杉野英実氏(HIDEKI SUGINOオーナーシェフ)
◇受賞理由:精緻な製菓技術を追究するとともに自らの味覚をたゆみなく磨き続け、菓子作りを通して世界に通用する高度なオリジナリティを発揮している。

新聞最新号へBACK