CSRレポート2018

BACK

 

 昭和産業Mは、経営理念である「人々の健康で豊かな食生活に貢献する」ことを基本に「食」を中心とした様々な場面において社会に貢献することを志しCSR活動を推進している。
 『穀物ソリューション・カンパニー』として2017年度に取り組んだ活動や長期ビジョン「SHOWA Next Stage for 2025」および「中期経営計画17-19」の進捗状況とともに、その優先課題であるESG視点でのCSR経営の情報をステークホルダーに伝えるため11月15日「CSRレポート2018」を発行した。
《ポイント》
@ESG視点での課題と取り組み、SHOWA魂とイノベーションなど経営の意思を説明
A環境への取り組みで2020年達成目標を公表
BCSR経営で重視しているテーマの活動を紹介

新聞最新号へBACK