富士物産M〈静岡県藤枝市〉
嘘をつかず正直にもの作りと向き合い
永い取引ができる品質に進化させる

BACK

 

 

足立社長

会社入口

工場全景

 富士物産M(足立哲也社長)は、静岡県藤枝市で約80年、学校給食パン・米飯や卸売の手作りパンを中心に製造し、顧客に喜ばれる、思い出に残るパンを提供し続けている。

 同社の起源は、明治初期に創業した茶問屋。会社設立は1943年だが、当時はパン製造ではなく、現社長の曾祖父が鉄鋼関連の軍需工場としてスタートし、海軍航空機のプロペラシャフトの生産を始めた。軍需工場が必要なくなった終戦後の1945年、祖父の兄弟が食品に特化した業態に変化させ、現在の業態の原型を築いた。食品全般を取り扱う会社であったため、小麦を挽くことも事業内容の一部であったという。1950年頃から、茶問屋を継続しながらパンの製造を開始し、現在に至っている。1976年から全国で米飯給食が始まり、炊飯事業も行うようになった。
 社是は「至誠に悖るなかりしか」。今も海上自衛隊五省の一つに残る一節で、誠に背かない(嘘をつかず何事も正直に行う)かを常に意識するという意味。
 足立氏は、4代目社長。1979年早稲田大学大学院卒業後、シティバンクに就職し、東京支店で約6年間主に法人営業を担当していた。現在は、静岡県パン工業協同組合/静岡県学校給食パン協同組合理事長で全日本パン協同組合連合会副会長に就いている。
 同社は、約30年前に現在の場所に移転した。
 「この先にゴルフ場があり、ゴルフ場に通じる道路が整備されおり、電気・ガス、水道も引き込まれていた。もし、ゴルフ場がなかったら、この場所で工場の建設はできなかった」と足立氏。
 製造品目は、市販パン・学校給食パン・学校給食米飯・日本茶。製造はしていないが、学校給食用冷凍食品(ハンバーグ・魚切り身など[毎月入札])の販売も行っている。
 静岡県は、中学校も完全給食化になっており、同社でも中学校を併せて学校給食パン・米飯を1日平均約2万食提供している。量にするとコッペパン約5000〜10000個、炊飯約1〜1.5トン。提供エリアは藤枝市・島田市。
 市販パンは、地元スーパーマーケット3社、ホテル・喫茶関連業社に卸しているが、企業や個人宅の訪問販売が最も多く、中でも個人宅の比率が高い。ブレが少なく安定的に購入してもらえるという。パンを届けるのは同社社員ではなく、店舗を持たない個人商店に卸す形式。袋井市・藤枝市(同社本社・工場)・静岡市・甲府市に拠点があって、その各拠点に届けると卸先の販売員が引き取りに来る。代表商品は「ミニソフト」という生地に濃縮ミルクを練り込んだ小型食パンで、最盛期には1日約3000本を生産していた。
 HACCPは、静岡県版HACCPを6年前に取得している。6月1日には義務化になるため、全日本パン協同組合連合会で米飯HACCPの手引書を作成しており、最終段階を迎えているため、完成と同時に各組合員に配布し、運用を開始させなければいけないと考えている。
 従業員教育について足立氏は「パン組合が開催する衛生講習会には積極的な参加を促しているほか、年1回保健所OBを招聘して社内の衛生講習会を開催している。また、3月には米飯HACCPマニュアル説明会を行う予定。講師は、全パン連常務理事で全パン連青年部総連盟HACCP対応室長の嶋内八郎氏」。
 今後、力を入れたい事業を足立氏は次のように述べた。
 「コロナ禍で、新規地元スーパーからの引き合いが非常に増えている。既存納入先スーパーでも、大手製パンメーカーナショナルブランドの比率を下げたいという方針が出されているようで、弊社のみならず、当組合員企業に相当な引き合いが来ているようだ。取引先の要求に従って、適切な商品を製造して、弊社事業の幅を厚くしたい。コロナ禍という特殊事情はあるが、将来的にもこのチャンスを逃してはいけないと考える。また、焼成後冷凍パンを目にする機会が増えた。これもコロナ禍の影響かも知れないが、人手不足や働き方改革の進展などを鑑みると、卸売主体のパン製造業としては流通経路の違い等をしっかりと把握して供給する必要があると思う。焼成後冷凍パン製造・販売が確立できると、消費期限の短い商品というウィークポイントが克服できる。今年の大きな研究テーマにしたい。学校給食の現場では、パンのアレルギー対応が高まっているが、小ロットでは対応に無理がある。例えば、組合員の1工場をアレルギー対応専用にして焼成冷凍し、組合員に必要食数を分配するなどの方法を採用することにより、課題解決に繋がる」
 続いて、将来展望を次のように述べた。
 「学校給食事業の拡大路線は図りにくい。学校給食会及び行政・栄養士とのコミュニケーションを密にして良好な関係性を維持継続すること。市販では、既存の取引先を大切にして、末永い取引が続けられるように質を進化させること」

【富士物産M】
〒426-0076静岡県藤枝市内瀬戸1381-1
TEL054-643-2121
▽従業員数=37人
▽敷地面積=約1400坪
▽主な生産設備=トンネルオーブン2機・固定窯・ラックオーブン、炊飯ライン40釜(7kg/釜)
▽事業内容=パン製造・卸、茶卸・販売
▽アクセス=東海道本線六合駅・藤枝駅より徒歩約35分、車の場合:藤枝ゴルフクラブ入口手前約500m

新聞最新号へBACK

成型の様子

トンネルオーブン

炊飯ライン