社会貢献活動

BACK

 

 フクシマガリレイM(福島裕社長)は10月11日、社会貢献活動「ガリレイ1%クラブ」の一環として、こども食堂ぎふネットワーク加盟こども食堂12団体に業務用冷蔵庫4台、業務用冷凍冷蔵庫8台を寄贈。贈呈式を10月8日に名古屋市中区の同社中部支社で執り行った。

 贈呈式当日は、こども食堂ぎふネットワーク代表の宮崎孝司氏、同社中部支社長の水谷浩三氏が出席し、業務用冷蔵庫贈呈(目録授与)やフォトセッションが行われた。
 また、同社は11月13日、同活動の一環として、岡山市の「北長瀬コミュニティフリッジ」に、業務用冷蔵庫2台を寄贈する。
 北長瀬コミュニティフリッジは、岡山市内に新設された企業や個人が寄付した食料品を24時間いつでも無料で受け取れる「コミュニティフリッジ(公共冷蔵庫)」と呼ばれる設備。  ガリレイグループは、コロナ禍等で困窮した子育て世帯や学生などを支援するというフードバンク活動にも賛同しおり、今後も社会貢献活動に積極的に取り組むとしている。
《設置される冷蔵庫》
▽設置場所=岡山市北区北長瀬表町2丁目17ー80複合商業施設「ブランチ岡山北長瀬」内
▽用途=食材保管

 同社は、2021年に「ガリレイ1%クラブ」を発足し、税引き前利益の約1%を社会貢献に活用する活動を行なっている。主な取組みとして2021年度上半期(4月〜9月)は、全国11カ所の子ども食堂・フードバンクに17台の業務用冷蔵庫を寄贈した。

新聞最新号へBACK

贈呈式の様子