デジタルトラッキングラベル立ち上げ

BACK

 

 パルミジャーノ・レッジャーノ・チーズ協会は、パルミジャーノ・レッジャーノの各玉に付ける新たなトレーサビリティ用のデジタルラベルを立ち上げるためKaasmerk Matec社およびp-Chip社とのパートナーシップを結んだ。この新技術は、食品に使用しても安全が担保される上、これまでにないレベルのトレーサビリティ、在庫追跡と管理、製品認証、品質保証テスト、製品のシリアル化、および消費者の安全を実現した。

 2002年以来、パルミジャーノ・レッジャーノの各玉には1枚1枚異なる連続した英数字コードを記載したカゼインラベルが付けられているが、今回p-Chip社が立ち上げた新しいラインは、業界向けの安全なデジタル追跡ラベルであり、同協会は、いち早くそれを採用。p-Chipのマイクロトランスポンダーを2次元コード、QRコード、および/またはデータマトリックスコードに埋め込むことによって、政府の要件を一歩超えた、食の安全性とセキュリティを実現する革新的かつ食品にも安全なデジタルタグとなる。
 この革新は、食品に安全なカゼインラベルとp-Chipのマイクロトランスポンダーを組み合わせたもの。このスキャン可能な新しい食品タグは、塩一粒よりも小さく、耐久性が高い。

新聞最新号へBACK