TOKYO PACK 2022

BACK

 公益社団法人日本包装技術協会(磯崎功典会長)とTOKYO PACK 2022実行委員会(藤田一浩実行委員長)は10月12〜14日の3日間、東京都江東区の東京ビッグサイト(東京国際展示場)東1〜3・6ホールで、TOKYO PACK2022-2022東京国際包装展(Tokyo International Packaging Exhibition 2022)を開催する。

【開催概要】
▽目的=包装資材、包装機械から包材加工機械、食品機械、関連機器類、環境対応機材、物流機器類に至る生産・包装・流通の技術振興をはかるとともに、商談や交流および包装の最新情報発信の場として、国際的な視野に立った社会の発展に資すること。
▽テーマ=新時代パッケージ ここに集う!-未来のために機能進化と使命-
▽開場時間=10〜17時(受付開始9時30分)
▽入場料=税込1,000円※来場案内状(招待券)を持参した場合・Web事前登録した場合は無料 ▽後援=経済産業省/日本商工会議所/日本貿易振興機構/日本生産性本部/世界包装機構/アジア包装連盟/日本包装機械工業会など
▽協賛=包装関連約100団体
▽特徴=さまざまな業界で活躍している包装資材・容器、包装機械を中心に、調達から生産、物流、流通、販売、消費、廃棄・リサイクルに至るまでのあらゆる分野を網羅した世界有数の国際総合包装展。また、出展分類の内訳は「包装資材・容器」が36.2%、次いで「包装機械」が24.3%(前回実績)で、両者のバランスが取れた世界でも稀有な存在。

新聞最新号へBACK