DAIZと資本業務提携

BACK

 ミヨシ油脂M(三木逸郎社長)は、発芽大豆由来の植物肉「ミラクルミート」を開発・製造するDAIZM(本社:熊本県/井出剛社長)と資本業務提携を締結した。
《業務提携の概要》
 ミヨシ油脂は「botanova」の普及や画期的な製品開発を通じて、プラントベース市場を成長させようと重要戦略の一つとして取り組んでいる。
 一方、熊本発のフードテックベンチャーDAIZは、独自の発芽手法「落合式ハイプレッシャー法」をコア技術とし環境負荷の小さい次世代植物肉「ミラクルミート」の開発に成功した。国内大手企業とパートナーシップを組み、食品技術を結集させた研究開発を重ねることで「ミラクルミート」の美味しさ向上を追求している。さらに「ミラクルミート」の普及を通じて、サステナブルな食文化を啓蒙し持続可能な社会の実現を目指している。
 両製品の付加価値向上やプラントベース市場の更なる成長を図るべく資本業務提携に至った。

新聞最新号へBACK