第8回ヨコハマ温暖化対策賞を受賞

BACK

 

 MJ-オイルミルズ(佐藤達也社長)は、主要生産拠点の横浜工場におけるCO2削減の取り組みが認められ、横浜市より「第8回ヨコハマ温暖化対策賞」を受賞した。2018年度に続き2回目の受賞。
 同賞は、横浜市地球温暖化対策計画書制度に基づき、同市が大幅な温室効果ガス排出量の削減など顕著な実績をあげた企業を表彰するもの。2022年度は2021年度に報告書を提出した310事業者の中から、同社を含む6事業者が選ばれた。

《受賞理由》
 横浜工場は、食用油の精製・加工・充填包装などを行っている。2020年度に老朽化したボイラー3台を高効率の新型ボイラー2台へ更新した[413トン削減]ほか、精製および充填包装について関係部署とこまめな調整に努め、より効率の良い生産計画への見直し[296トン削減]を実施した。さらに、照明設備のLED化[26トン削減]や空調機の更新[1トン削減]も進めた。こうしたエネルギー効率改善の取り組みにより、合計でCO2排出量を736トン削減したことが評価された。

新聞最新号へBACK

横浜工場全景