業界関連企業・団体の行事予定

業界関連の行事予定を掲載しています。この日程表をご活用いただいて、各社・団体の行事日程が重ならないように調整下さい。
また、半年先や一年先で、きちんとした内容が決まっていない行事でも、日程が決まっている場合はお早めにベーカーズタイムスまでお知らせ下さい。この行事予定表に随時掲載していきます。


<受講申込随時受付>
AIB通信教育講座
《講座名》
「食品製造のための衛生管理」※適正製造規範(GMP)とフードセーフティを理解するためにAIB(米国製パン研究所)が作成した通信教育講座を日本語訳したもの。
《講座内容》(全19章)
@食品産業に関連する法規
A規制当局の検査への対応
B衛生管理プログラムの構築
C自主検査
D異物管理
E工場方針とプログラム
F昆虫-その生態
G貯穀害虫と食品工場の害虫
H有害生物駆除剤とその施工
Iねずみの防除
J害鳥の防除
K微生物
L洗剤と殺菌剤
Mエンジニアリングとメンテナンス
N品質保証
OHACCP
Pハザードコミュニケーション
Qロックアウト/タグアウト
R機械に関する労働安全対策
▽受講期間=12カ月(受講申込は随時受付)
▽料金=84,000円(同研究所非会員)、78,750円(会員)
▽修了証=全19章のテストの解答を期間内に同研究所へ送付し、一定の正解率に達した場合『修了証』が発行される。
※この修了証は、AIBフードセーフティ監査員の資格を表すものではない。

《問合先》
フードセーフティ部TEL03-5659-5081、FAX03-5659-5082
HP=http://www.foodsafety.jp

<12月9日>
シュトーレンコンテスト(一般部門)
【開催概要】
▽目的=クリスマスパーティや歳暮など、クリスマスシーズンの定番として、シュトーレンを愉しむシーンを増やし、製菓製パンの新しい魅力を広める。
▽参加対象=プロ部門 (ブーランジェリー・パティスリー・和菓子店・メーカーに従事する人)、一般部門(学生・料理教室講師など)
▽審査=プロ部門:審査員による試食と投票を行いコンテスト当日に投票発表。一般部門:審査員並びに一般参加者50名の規模でシュトーレンパーティを開催し投票と発表を行う。
▽会場=代官山ヒルサイドテラス
▽審査員=望月寛次郎シェフ(帝国ホテル)、藤森二郎シェフ(ビゴの店)、野澤孝彦シェフ(元ノイエス)、中川二郎シェフ(パティスリーキャロリーヌ)、大森由紀子氏(フランス料理・菓子研究家)、弓納持清美氏(三越伊勢丹)、平岩理緒氏(スイーツジャーナリスト)
▽応募方法=問合先へ応募書類を請求。

【問合先】
patisガストロノミー協会
〒150-0001渋谷区神宮前6-7-16グル―原宿3F
TEL03-6427-2482、FAX03-6427-2483
Email:patis_harajuku@ybb.ne.jp

<12月13〜19日>
第43回ベーカリーのための焼き菓子コース
【概要】
▽日程=12月13日(水)、14日(木)、15日(金)、18日(月)、19日(火)
▽場所=日本パン技術研究所5階実習室・講義室
▽担当講師=今井茂、山本剛史、根岸靖乃、佐藤淳、安藤慎一
▽受講料=会員118,800円(税込・昼食付き)、一般129,600円(同)
▽定員=先着20名
▽申込方法=申込用紙に必要事項を記入の上、FAX03-3689-7574に送るか、ホームページのかんたん入力フォーム(http://www.jibt.com)から申込む。受付後、受理通知を1週間以内にFAXか電話で連絡。なお、費用の返金はできない。代理の参加は可。
《講習内容》
◇スポンジケーキの配合と製法(比重の違いによる製品の比較)
@共立て法A別立て法Bオールインミックス法
◇バターケーキの配合と製法(比重の違いによる製品の比較)
@シュガーバッター法Aフラワーバッター法B後油法(落しバター)
◇クッキーの配合と製法
@延し生地A絞り生地BアーモンドクッキーCその他
◇パイの製法と応用
@アメリカンパイ練り込みパイ実習Aフレンチパイ折り込みパイ実習B応用例:アップルパイ、ショーソンポンム、アーモンドパイ、フランジパン、キッシュ、リーフパイ、パイ饅頭、その他
◇パートシュー、カスタークリームの配合と製法
@砂糖なしの場合A砂糖使用の場合Bシューロール(カスタークリームの応用など)
◇その他応用製品の実習(次の中から何種類かを選んで行う予定)シフォンケーキ(プレーン・コーヒー)、シフォンケーキ起泡性乳化油脂使用(プレーン・チョコレート)など

【問合先・申込先】
一般社団法人日本パン技術研究所
電話03-3689-7571、FAX03-3689-7574

<早期割引12月15日まで>
TOKYO PACK 2018
【開催概要】
▽会期/時間=2018年10月2〜5日/10〜17時
▽会場=東京ビッグサイト東展示棟1〜6ホール
▽入場料=1,000円(税込)但し、来場案内状(招待券)を持参した場合・事前登録した場合は無料
▽テーマ=考えよう 地球をまもるパッケージ
▽目的=包装資材、包装機械から包材加工機械、食品機械、関連機器類、環境対応機材、物流機器類に至る生産・包装・流通の技術振興をはかるとともに、商談や交流および包装の最新情報発信の場として、国際的な視野に立った社会の発展に資することをもって目的とする。後援:経済産業省/日本商工会議所/日本貿易振興機構/日本生産性本部/世界包装機構/日本包装機械工業会など
【出展について】
▽出展料金(1小間分/税抜)=会員:310,000円、一般:370,000円(間口2.97m×奥行2.97m)※消費税は同展会期中に該当する税率
▽早期割引・大小間出展特典=12月15日までに申込むと1小間につき10,000円割引、20小間以上申込みで1小間10,000円、30小間以上は1小間20,000円割引
▽出展申込締切=2018年4月27日※出展申込締切日前で満小間になった場合は出展申込先着順
▽申込方法=出展要項・出展規約を遵守することに同意の上、Web入力フォーム、郵送、e-mailへ添付のいずれかで主催者に送付

【申込・問合先】
〒104-0045東京都中央区築地4-1-1東劇ビル10階
公益社団法人日本包装技術協会内2018東京国際包装展事務局
TEL03-3543-1189/FAX03-3543-8970
e-mail:t-pack@jpi.or.jp

<2018年2月19〜23日>
第十回冷凍生地アドバンスコース
【概要】
▽開催日=2018年2月19〜23日(連続5日間)
▽目的=冷凍生地の基礎理論から応用技術まで、諸条件の違いによる品質変化を科学的に把握し、各種冷凍生地製法の特徴およびこれらを用いた様々な利用技術を習得する。さらに、これらの応用技術によるパンの品質維持とともに、より合理的なベイクオフスタイルを追求する
▽受講対象者=中級の製パン技術を習得した人、製パン技術教育コース(本科100日間)卒業生、および同等レベルの製パン技術を持ち、高度な冷凍生地利用技術の習得を目指したい人
▽定員=最大30名(先着順)
▽受講料=会員118,800円(税込・昼食付き)、一般129,600円(同)
▽入寮費=32,400円(朝夕食事付き、先着15名まで男性のみ)
▽申込方法=申込書に必要事項を記入し、FAXで開催日の2週間前までに申し込む。
《コース内容と講師》
▽1日目=製パン基礎理論と冷凍生地製法における問題発生メカニズムの解説(日本パン技術研究所/井上好文氏)、新しい冷凍耐性酵母について(オリエンタル酵母工業古川周平氏を予定)など。
▽2日目=フロアタイム条件が成形冷凍生地の熟成と安定性に及ぼす影響など(日本パン技術研究所/山本剛史氏・伊賀大八氏)
▽3日目=パーベイク製品の製造実習、輸入市販冷凍生地の焼成評価
▽4日目=ホイロ後冷凍生地の製造実習・温度制御プログラム焼成(山本氏・伊賀氏)
▽5日目=ベーカリー製品の真空冷却技術とくにベイクオフに特化して、冷凍生地に使用される生地改良成分について(伊賀氏)

【問合先・申込先】
一般社団法人日本パン技術研究所、担当/伊賀
電話03-3689-7571、FAX03-3689-7574


ベーカーズタイムス最新号へBACK